​WORKS

2018

実際にイラストを使用した成果物を掲載しています。

​写真をクリック/タップすると詳しい情報がご覧いただけます。

 
IMG_0403.jpg

平成31年度「すみだ文化芸術活動助成金」チラシ

墨田区内で活動する文化芸術団体への助成金のチラシを担当。対象が広がったため、今まで対象外だった団体へもアプローチできるよう、いろいろな活動を行っている様子をイラスト内に散りばめた。

CL: 公益財団法人墨田区文化振興財団

lamphi_スクエア_カラー.png

一般社団法人Lamphi ロゴ

日本各地の地域を活性化する目的で設立された一般財団法人地域活性機構の人材育成部門を担う(一社)Lamphiのロゴを担当。日本中をつなぎ、ボーダーを超えて活躍する人材とネットワークを点と線で表した。

CL: 一般社団法人Lamphi

シティリビング 上野特集 イラスト

サンケイリビングが発行する「シティリビング」11月発行の上の特集のイラストを担当。巻頭と見開きにパンダや手書き文字のイラストを提供。

CL: 株式会社サンケイリビング新聞社

外国につながりのある人たちへの看護ケア 院内マップ(2018)

直感的にわかるイラストを用いることで、忙しい医療現場でも目を通し、活用
してもらえるツールとなった。海外の研究機関でも分かりやすいと好評だった。

CL: nGlobe, JSPS基盤研究(A)「世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン」(外国人患者の増加により、文化・言語の壁に難しさを覚えながら医療を提供している看護師たちの多文化
対応能力を高めるプログラムの開発をしている研究班。同時に看護国際化ガイドライン開発も進めている。)

いぶちゃん1.png

アジアシリーズ vol.5 トランス・フィールド 境界を越えて~アジアシリーズのこれまでとこれから~

毎年11月に行われる舞台芸術祭フェスティバル/トーキョーのプログラムの一つ、アジアシリーズのナレーターキャラクターのイラストを担当。そのほか、館内マップや装飾の一部も制作。映写機をモチーフにしたキャラクターは簡単なアニメーションになったり、ぬいぐるみに展開された。

CL: フェスティバル/トーキョー実行委員

演劇クエスト 花の東京大脱走編

藤原ちから(BricolaQ)が主催する都市を探検するツアープロジェクト。都電荒川線沿いを舞台に製作した今期も冊子の挿絵、表紙、地図、またリサーチも一部担当。

CL: 早稲田大学演劇博物館

第4回すそのおんぱく!チラシ

静岡県裾野市のイベントパンフレットのイラストを担当。町の人のワークショップや体験イベントなどをイラスト化して、参加者がプログラムをイメージしやすいようにしてある。

CL: 裾野おんぱく事務局

IMG_0292.jpg

MEGUMI TOYOKAWA カタログデザイン/BOX

ジュエリーブランドMEGUMI TOYOKAWAの新製品カタログのデザインとカトラリー用のBOXグラフィックを担当

CL: MEGUMI TOYOKAWA

台東区ワーク・ライフ・バランス認定企業ロゴ_配布用データ_カラー_edited.

台東区ワークライフバランス認定企業 ロゴマーク

台東区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定制度のためのロゴマークを作成。「ワーク・ライフ・バランス」のしなやかな働き方をはためく布に似せてイメージしたロゴ。
従来の形にとらわれない、色々な働き方が企業の力になることを表現している。

CL: 台東区男女平等推進プラザ

IMG_0230.jpg

CD BOOK「フランス語ほんとうに必要なところをまとめました。(関 未玲著)」挿絵

フランス語の文法をさくっと学べるCDブックのイラストを担当。フランスにまつわるイラストが散りばめられているテキストとなった。

CL: ベレ出版

福岡大丸イベント TOKYO MADE SELECTION DMデザイン

福岡大丸で行われた台東区の革ブランドPOPUPショップのDMと会場のPOPデザインを担当。

CL: 台東ファッション雑貨実行委員会

qilin underwear ボタニカル柄

「しめつけない、自由な下着」をコンセプトに、体に優しい下着の提案をするqilin underwearへテキスタイルの提供を行った。テーマはボタニカル。マスカットやブドウをイメージし、小さな面積でも華やかになるように工夫した。

CL: qilin underewear

IMG_2822.jpg

カフェイル メニューリニューアルデザイン

蔵前のネオ喫茶「Café Ile」のメニューを刷新。ロゴやアイデンティティカラーは既存のものを生かしつつ、日英中併記のメニューへと刷新。店主自身がアレンジできるよう、余白は多めに、同時に背景イラストを配置。

CL: Café Ile

https://www.instagram.com/cafe.ile/

IMG_2529.jpg

演劇クエスト 城市雀仔冒險之書

orangcosong (藤原ちから・住吉山実)が主催する都市を探検するツアープロジェクト「演劇クエスト」。今回はアートインスティチュート「MaD」主催のプログラム内で行われた「演劇クエスト」のワークショップを経た香港野鳥の会が製作した冒険の書「城市雀仔冒險之書」の表紙/地図/挿絵を担当。70年代の古い香港の街並みが残る九龍深水埗区を中心に、トロピカルでレトロなイメージを採用。

CL: MaD(Make A Difference Institute) /orangcosong 

http://www.mad.asia/programmes/grounded-projects/627

IMG_2490.jpg

モノマチ ツバメーソンと悪徳校長を追え!

モノマチ期間中に行ったイベントの一つ。

浅草橋界隈700m四方でツバメーソンの捜査メモと秘密の暗号スタンプを手掛かりに悪徳校長を捕まえる、まちと人とお店を巻き込んだ妄想謎解きスタンプラリー。会期中は異常な暑さにも関わらず、大人も子供も楽しんでくれたイベントとなった。

ちなみに、ツバメーソンとはロチャ王国子ども新聞に連載されていた児童文学のヒーロー。幼馴染のツバメたちが放課後シルクハットと蝶ネクタイをつけて秘密結社ツバメーソンとなり、悪を成敗する物語。人気に火がつき、新聞への掲載ののち、単行本が発行されているベストセラーです(という設定。)。

モノマチ DOVE澤ビルまつり チラシ/イベント

御徒町/浅草橋/蔵前の台東区南部のイベント「モノマチ」第11回で当事務所が引っ越したのを記念して製作したイベント周知用チラシ。ワークショップの周知はもちろんだが、とにかくわかんないけど楽しそう、と持ち帰ってもらえるように「わちゃわちゃ感」を前面に出したデザインとした。

http://www.ro-cha.net/

IMG_2493.jpg

モノマチクリッぴん

御徒町/浅草橋/蔵前の台東区南部のイベント「モノマチ」第11回の公式企画「モノマチクリッぴん!」で使用する紙クリップをデザイン。カラフルで可愛い写真が開催前からSNSにアップされ、来場者と参加店が繋がる新しい企画となった。

 

CL: 望月印刷株式会社

http://11th.monomachi.com/

nowprinting.png

モノマチ はがき

御徒町/浅草橋/蔵前の台東区南部のイベント「モノマチ」第11回でのイベント「マチビンゴ」の景品のハガキイラストを担当。「モノマチ」内の様々なお店や工場をイメージし、型抜きを施したもの。

 

CL: 望月印刷株式会社

http://11th.monomachi.com/

8C4A202F-A6AC-4AC0-8812-CF8FEB0AB9CE.JPG

蔵前Tシャツ・蔵前トート

御徒町/浅草橋/蔵前の台東区南部のイベント「モノマチ」第11回で、蔵前の菅原印刷さんにて販売するTシャツとトートバッグのイラストを担当。蔵前の地図と橋をモチーフとした。来場者に好評で完売となった。

 

CL: 菅原印刷株式会社

http://www.sugawara-p.co.jp/

台東ファッションザッカマルシェ イラスト/装飾

台東区周辺の雑貨ブランドを集めたマルシェを浅草のライヲンビルにて開催されたポップアップのチラシイラストを担当。お客さんが入りやすいようにガラス面にもチラシと同じライオンの装飾を施した。

CL: 台東ファッションフェア実行委員会

IMG_0851.jpg

デザビレ蚤の市DM

台東デザイナーズビレッジにて行われた年に一度の蚤の市DMを制作。一目で日時がわかるように、かつポップな色で目立つようにした。

CL: 台東デザイナーズビレッジ有志

千葉大イラスト.jpg

千葉大学看護学研究科 コンテンツ報告書イラスト

学内での国際交流時において発生した事例をイラスト化。イラストが加わることでより事例が想像しやすいものとなった

 

CL: 千葉大学看護学研究科

出版物「他言語とくらべてわかる英語のしくみ (宍戸里佳著)」挿絵

ドイツ語やフランス語など、英語を他言語と比較することで英語の文法をより理解しよう、という本。言葉と言葉の間に住む虫のような生き物たちを挿絵として散りばめ、新しい切り口の本としてみてもらえるように、軽さと不思議さを演出した。

 

CL: ベレ出版

https://www.beret.co.jp/books/detail/715

IMG_2611.jpg

演劇クエスト バンコク編 名前のない猫 イラスト

藤原ちから(BricolaQ)が主催する都市を探検するツアープロジェクト。タイ・バンコクの南西エリアであるトンブリーを舞台に、アートフェアのプログラムの一部として開催。実際に現地に赴きイラストを書き起こした。今回も表紙と地図、挿絵を担当。

 

CL: 藤原ちから(BricolaQ) / Low Fat Art Fes

IMG_0802.jpg

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ 冊子

2018年度 視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップが新渡戸文化小中学校と共同で行った授業の活動報告冊子。イラスト・デザインを担当。

CL: 視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ 

IMG_0830.jpg

特別支援学校のためのミュージアム・ホールプログラム活用ガイド2019

東京都歴史文化財団が管轄する都内のホール/美術館等がもつプログラムをまとめた、2018年度の改訂版。特別支援学校の課外授業などに活用できるものを提案している。地図や各プログラムなどで写真では伝わりにくいものをイラスト化している。

 

CL: 東京都歴史文化財団

https://www.rekibun.or.jp/about/project/education/

現美病院.png

東京都現代美術館 教育普及プログラム報告書

院内学級のためのプログラムの報告書を作成。

 

CL: 東京都現代美術館

https://www.mot-art-museum.jp/education/

東京都現代美術館 教育普及プログラムパンフレット 2019年度版

東京都現代美術館の開館に伴う告知パンフレット。4年間のシリーズとして制作した。

CL: 東京都現代美術館

https://www.mot-art-museum.jp/education/

いのちのパン 挿絵

キリスト教冊子コラムで使用している挿絵イラスト。難しい聖書の話をシンプルかつ身近に感じてもらえるよう、登場人物やシチュエーションを全部パンで表現。ときどきおにぎりもいる。硬さとゆるさの最大公約数を探るプロジェクト。

 

CL: RCJメディア・ミニストリー

2019年 年賀状

架空の王国ロチャ王国から勝手に送りつけられるというテイの、号外新聞。(もとい、年賀状)

© 2014 - 2020 by HARUKA SHINJI,  All rights reserved.
〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-6-8 #201

080-4166-8549